バイナリーオプションに必要な資金

わずかなお金で始められるのは、大きな魅力!

 先にもお伝えいたしましたが、最低取引金額が極めて少ないのも、バイナリーオプションの大きな魅力です。
会社によって異なりますが、チケット1枚の金額は50円~9,900円で、まさにお小遣い程度の金額から始めることができます。資金効率の高いFXでも、ドル/円を1万通貨取引しようとすれば約3万円の証拠金が必要で、株式投資ならキャピタルゲインのウマミを得ようとすれば、少なくとも10万円の資金は欲しいところですから、それに比べると、これは紛れもないメリットといえるでしょう。ただし、バイナリーオプションが投資である以上、リスクはつきものです。ここからは、そのリスクとの正しいつき合い方について解説します。

1日で使う資金は決めておくこと。深入りは厳禁!

 バイナリーオプションを継続的に楽しむのに、資金管理はとても重要です。
たとえ1回50円からできるとはいえ、負け続けると資金は減るばかりですし、その配分の仕方でも結果は大きく変わってきます。まず大事なのは、1日で使う資金の目安を決めることです。1000円、5000円など許容できる損失額を決めて、そこまでロスが達してしまったら、その日の取引はやめるべきです。「また儲けるかもしれないのに…」と思うかもしれません。実際、そうなることもあるでしょう。ですが、反対にまた負け続けるとしたら…損失を取り戻すには、それまで以上の時間と労力、資金が必要になるのは明白です。
仮に1枚100円、ペイアウト倍率2倍の取引を行い、1000円の損失を計上したとします。
これを取り返すには、10回勝たないといけません(1回100円で取引する場合)。
ところが、勝率100%とはいかず、1000円を取り戻すには10回以上の取引が必要で、さらに勝ち負けを繰り返しながらなので…さて、簡単にいくでしょうか。
なかには「チケットの枚数を増やせばいい」と思う方もいるでしょうが、これはあまりお勧めできません。というのも、ここで勝てばいいのですが、負けてしまうとどうでしょう?損失は増すばかりです。
つまり、許容できない額の損失を抱えてしまい、それを取り戻すのは、非常にリスキーな行為になるということです。
焦りも出てきて、正常な資金管理もできなくなるでしょう。
「ペイアウト倍率の高い取引で一気に取り戻せばいい」という意見もあるでしょうが、そもそも倍率が高い=難しい取引だということです。
適切な資金管理内でハイリスクの取引を行うのは戦略のひとつですが、崖っぷちでするのは、ただのギャンブルです。
バイナリーオプショを投機にしないためにも1日の資金は決めて、その範囲内で取引を行うことです。特に初心者の場合は、小ロットから始めましょう。
「どれだけ増やす」というのは投資において大事な目標ですが、「どれだけ損失を限定するか」を念頭におくほうが、長続きさせるための、忘れてはならないポイントなのです。

資金を集中させる必要はない。チャンスに応じて分散取引

 1日に使う資金が限られる場合、資金は分割して使うことをお勧めします。
というのも、FXや株式投資に比べて、リスク(損失)が限定されているのがバイナリーオプションのメリットなのですが、その特性を賢く利用しないと収益を確保できず、チャンスも逃してしまうからです。もっと避けていただきたいのは、限られた資金を1回の取引に全投入することです。 例えば1日の資金が1000円の場合。ペイアウト倍率が2倍の取引で勝てば+1000円の利益になり、次の取引の資金として使えます。ところがこの取引で負けてしまった場合、その日の取引は終了。
仮にその後、収益が取りやすい局面が訪れたとしても、後の祭りです。つまり、全力で取引を続けていると、たった1回の負けですべてを失う危険性があるということ。
勝率100%を狙うというのは、ハイリスクなのです。それよりは資金を分散させて、勝ち負けを繰り返しながらもトータルでプラスにしたほうが、結果的に取引は長続きします。

全力投資と分散取引の違い

投資資金1000円。ペイアウト倍率2倍。5回の取引

全力投資の場合

回数     掛金   払戻  総利益
1回目(勝ち):1000円 2000円 1000円
2回目(勝ち):2000円 4000円 2000円
3回目(勝ち):4000円 8000円 4000円
4回目(勝ち):8000円 16000円 8000円
5枚目(負け)…すべて没収

分散投資の場合

回数      掛金  払戻 総利益
1回目(勝ち):200円 400円 200円
2回目(勝ち):200円 400円 400円
3回目(勝ち):200円 400円 600円
4回目(勝ち):200円 400円 800円
5回目(負け):200円 0円  800円
 基本的に4連勝する確率は6%程度で、あまり現実的でありませんが、全力投資だと、せっかく4回目の取引で8000円もの利益を得ていたのに、たった1回の負けでその日の資金1000円はいうまでもなく、それまでの利益もすべて失ってしまいました。
ところが分散投資をした場合、5回まで負けても、その日の利益は800円残ります。ですから、バイナリーオプションでは「いちかばちか」ではなく「次への余力を残す」という気持ちを優先させ、計画的に取引を行うことです。

1日で欲しい利益から考えるのもあり!

 用意できる資金量は、個人個人の懐事情で異なります。
あくまで、余裕資金の範囲内で準備することが肝心です。これは譲れないセオリーです。

 ただし一方、「1日に望む利益」から必要資金を考えることもできます。

例えば、1日1万円の利益が欲しいとします。
ここで、1枚100円の取引を勝率60%(バイナリーオプションでは勝率50%だと利益はマイナスになることがあるので、プラスができる最低水準の割合として、この水準を挙げました)で行った場合、ペイアウト倍率2倍であれば、100回の取引で利益は2000円です。

とはいえ、1日100回も取引するには非現実的です。
しかも1回100円の出資だと、得られる利益もわずかで非効率的。
同じ条件で1万円を得るには、1回あたりの購入金額を増やすしかありません。
500円にすれば、100回の取引で1万円になります。
ですがやはり、100回の取引というのは大変ですから、取引回数も考えないといけません。

なら、購入代金を1000円にすれば1万円を得るのに50回で済みますし、2000円にすれば25回でOKです。
そうすれば、1000円の取引を勝率60%で50回するなら、資金は約2万円、2000円の取引を勝率60%で25回するなら約4万円の資金が必要ということもわかります。
こういったプロセスで、1日に必要な資金を割り出すこともできます。
以上が、バイナリーオプションに必要な資金についてのレクチャーです。
いずれにしろ大事なのは、決めた資金の範囲内で行うこと。
また、一攫千金を狙うのではなく、コツコツと資産を増やしていくよう、ハイリスクの取引はなるべく控えることです。