バイナリーオプションとは

バイナリーオプションとはどのような投資取引なのか?

バイナリーオプションは、今まで投資をした事がない人でも簡単に参加出来る投資の登竜門と言われています。

バイナリーオプションと言う言葉を分解すると

バイナリ(binary)=二進法
オプション(option)=オプション取引(デリバティブの一部)

要するに、
2択を予測して選ぶ(価格が高くなるか、安くなるか)の投資取引になります。

ドル円の通貨ペアで説明すると、
現在の価格が1ドル105円だったとします

15分後にドルの値段が1ドル105円より高くなると予測した場合は
High(高い)を選択します

逆に、1ドル105円より安くなると予測した場合は
Low(低い)を選択します。

この2択を予測して選択するだけで、バイナリーオプション投資取引が可能になります。
個人投資家の入門として有名だったFX(外国為替証拠金取引)と比較しても、
バイナリーオプションは、各段にシンプルな投資取引(トレード)が可能になりました。

(チャートなどの投資ツールはFX取引と同じツールで利用できます)

バイナリーオプションは投資初心者でも簡単に参入出来ます。

バイナリーオプションは外国通貨取引が主流

バイナリーオプションの特徴の一つが、投資取引出来る対象の種類の多さになります
・外国通貨取引
・株式銘柄取引
・資源(ゴールド、オイルなど)

今までは外国通貨取引はFX、株式銘柄は株式投資、資源取引は先物取引と、各対象により投資取引が分かれていましたが、バイナリーオプションは業者によってではありますが、
海外バイナリーオプション業者の場合は、様々な種類の投資商品で投資取引が出来るようになっているので、自分の得意分野でバイナリーオプション投資取引が可能になっています。

バイナリーオプションのトレーダーは、初めて投資をする投資初心者の人がとても多いので、自分に身近な円やドルを利用した外国通貨取引を選択する人が多いのも事実です。

バイナリーオプションとFX(外国為替証拠金取引)の違い

バイナリーオプション取引は、
世間一般に外国通貨取引が主流になっている為に
通貨取引専門のFX取引と、どう違うの?そう思われる方も大勢います

バイナリーオプションとFXは、一見似ているのですが、投資スタイルは全くと言って良いほど違いがあります。

ドル円の外国通貨取引を例に説明すると
FX取引の場合(単純にわかりやすく説明する為スプレッドを考慮していません)

・1ドル105円でドルを100万円分購入しました
・翌日に1ドルが106円まで値上がりしたので売却をしました
・1ドルにつき1円の利ザヤが取れたので、100万円の原資で1万円利益を出す事が出来ました。

バイナリーオプションの場合(単純に説明する為ペイアウト倍率を考慮していません)

・1ドル105円の時点で15分後のドル円相場のドル価格上昇を予測したので、
1万円分のバイナリーオプションをhighで購入しました
・15分後、1ドルが106円までドルの価格が上昇した時点で、判定時刻になりました
・予測が的中したので1万円の原資で1万円利益を出す事が出来ました!

このように、FXとバイナリーオプションでは、投資取引の仕組み(取引方法)が全く違います。

簡単に比較してみると

FXはハイリスクハイリターン

バイナリーオプションはローリスクローリターン

と、言えます!